CSR

about csr

CSR

CSR

研究開発

繊維に携わってきたコア技術をベースに商品開発を行うとともに、新分野への展開を図ります。

特に環境配慮型素材の研究では、産学との緊密な連携、技術交流などオープンイノベーションで事業領域の拡大に取り組んでいます。

高付加価値を追求した素材レベルの開発や 新たな技術を用いた新素材の開発も手掛ける。

当社は機能性に磨きをかけ、さらに付加価 値の高い製品を生み出す努力を続けてい ます。

例えば、フェイシャルマスク用不織布の保水力をさらに高めたり、生分解で土 に還る新たな不織布の開発に取り組むな ど、素材レベルからの差別化に注力しています。

構造物の補修作業の軽減を実現する 自己治癒補強繊維「マーキュリーC」を開発。

「マーキュリーC」は、異形断面(+型) ポリプロピレン繊維に、特殊な表面改質技術を組み込むことで炭酸カルシウムの析出しやすい状況を形成する製品です。

橋梁やトンネルに、この「マーキュリーC」の製品を混ぜたコンクリートを使用することにより、ひび割れを自己治癒するという画期的な機能を備えています。

緻密なマーケティングでニーズを掴み、 基礎・応用研究を経て、各分野へ

当社は顧客志向のマーケティングで市場ニーズを掴み、早い段階から開発担当が営業とともにお客様 のもとに伺い、そのニーズをカタチにするべく努めます。特に、研究部門と共働した課題解決型のエンジニアリング営業に取り組んでいます。

信州大学の学内に研究開発拠点を設置 独自の体制で共同研究に取り組む

当社の研究開発の特長のひとつとして信州大学繊維学部ファイバーイノベーション・インキュベーター(Fii)の研究基盤を活用した研究活動があります。

開発者同士が連携を取りながら知見を共有できるなど学内ならではのメリットを享受しています。

中でも感性工学を通じて着心地や着け心地を数値化し、製品改良につなげる取り組みは大いに役立っています。

社会問題の解決に貢献するべく、環境配慮型素材の開発に取り組む

地球環境や社会、経済が将来にわたって持続的に成長し続けるための取り組みの一環として、当社はサステナビリティ素材の開発に取り組んでいます。

また、それ以外にも、環境問題など高度循環型社会を支えるための新たな技術の確立を目指しています。

研究開発の拠点となる播磨研究所

研究開発の拠点として、播磨研究所を播磨工場内に設置しています。

当研究所では基礎研究・商品開発を行うだけでなく、生産ラインでの実機試験まで求められます。

工場と隣接している理由はそこにあり、生産段階に移った際のスムーズな立ち上げのため、予め工場と連携を行っているのが特徴です。