大和紡績グループ

ダイワボウレーヨン株式会社

新着情報新着一覧

「SDGs Week エコプロ2019」に出展しました

2019.12.26

ダイワボウレーヨン株式会社(大阪市中央区 取締役社長:福嶋一成、以下当社)は、
2019年12月5日から7日まで東京ビッグサイトで開催された「SDGs Week  エコプロ2019」に大和紡績としてグループ共同ブースで出展いたしました。
エコプロは「持続可能な社会の実現に向けて」をメインテーマに、550社・団体がSDGsに関連したテーマで環境配慮型製品・サービスに関する展示を行ない、3日間合計で147,653人が来場されました。
当社の展示ブースでは、自然由来である木材パルプを主原料とする「環境配慮型レーヨン」をコンセプトに、レーヨンの生分解性を紹介するサンプルを展示し、ジーンズやTシャツの古着など不要になったコットン製品を原料に生産された新たなセルロース繊維「Recovis(リコビス)」や、サスティナブル素材として海洋生分解性レーヨン「e:CORONA、(エコロナ)」紹介しました。
当社は今後も更にサスティナビリティへの取り組みを強化し、生物由来の原料を使用した製品であることを保証する「バイオベース製品認証」の取得、資源環境の保全に努める「FSC CoC」の認証取得も強みに、レーヨンに機能性を付与したサスティナブルな製品を提案してまいります。